スタッフ紹介


キューブは、自ら機会を作りだし、機会によって自らを変えて行こうとする仲間と、切磋琢磨していくことを通じて、より本質的な提案をしていきたいと考えています。



阪神・淡路大震災は、私たちが常識と考えていたものが、いかに曖昧な根拠の上に成立しているかということを顕在化させました。震災後、神戸に生まれたキューブは設立以来、都市居住の本質的な問題を捉える為、共同建替・共同住宅の建替・行政コンサルティングなど、積極的に被災者の再建に取組んでまいりました。その中で得た経験から、より豊かでより確かな都市環境に向けての提案を行い、従来の枠にとらわれない柔軟な視点から、再構築することを目指しています。

今までの住宅は供給者側の論理で設計される事がほとんどでした。
しかし、既に住宅ストックは数の上では充足しています。 今後は多様化しているニーズを実現化する、利用者参加型の設計が求められていると思います。
私は利用者のニーズを具現化し、出来る限り利用者の満足度が高くなる設計を目指しています。 そして、良好な街のストックとして、周辺の街に長く貢献できる建物を設計していきたいと考えています。

私は自らディベロッパーを経営するなど、長年にわたり数多くの分譲住宅の企画・建設・販売に関わってきました。その中で、様々な形で分譲住宅事業の持つ限界を感じてきました。キューブが展開する事業は、そのような限界を大きく打ち破っていく可能性を持っていると感じています。住宅分譲に関する今までの知識と経験を活かし、より本質的で価値のある事業を提案し、より良い住環境実現に向けた一助となるような活動をしていきたいと考えています。